頭痛の原因と改善方法|ヘルス救急レンジャー集団

女性

頭が痛くてお困りですか

女性

頭痛といってもその病状や原因は様々です。自分で市販薬だけで直そうとせず、医師の診察を受けて薬をもらうようにすると、その人の頭痛に合った方法で治療してもらえます。またその他にも、生活習慣を改善することで頭痛が起こりにくくなることもあります。しかしそれでも治らない場合は、検査を受けるといいでしょう。

» もっと知ろう

信頼関係が築ける医師

笑顔

脳疾患の頭痛はどんなに強い痛み止めでも止まらないものです。この時の治療をする医師次第で患者さんは信頼関係が作れて全てを任せられるという気持ちになれるのです。ストレスで発症することもあるので、しっかりと治療をして負担のない生活を送りましょう。

» もっと知ろう

頭が痛い時は我慢しない

医者

突然の頭痛は脳の病気かと心配してしまいますが、脳卒中などの原疾患や危険因子がない限り、それほど心配しなくても大丈夫です。一般的に頭痛はいくつか種類があり、基本的に薬での治療が一番効果があります。しかし、頭痛のタイプによって投与される薬が異なりますので医師や薬剤師に相談しましょう。

» もっと知ろう

頭がひどく痛む時には

頭痛

深刻な病気の可能性も

日常生活の中で、頭痛で困っている人は結構いるものです。そのような場合は、単に痛み止めだけでなく、きちんと病院にかかって、薬を処方してもらうのがお勧めです。もちろん、ちょっとした痛みの場合は、鎮痛剤でも抑えることはできますが、市販の痛みどめを気休め的にしょっちゅう服用していると、薬物乱用頭痛といって、かえってひどくなりますので注意が必要です。日頃よく起こるものとしては、偏頭痛や緊張型頭痛があります。この2つは似て非なるもので、前者はずきずきした痛みが頭の片方を中心に起こるのに対し、後者は、締め付けられるような痛みが頭全体に覆いかぶさるような感じです。もちろん治療方法もそれぞれ異なり、前者は冷やす、後者は温めることで症状が和らぐようになります。またそれ以外にも、高血圧などの循環器系の疾患や、脳腫瘍などの脳疾患が原因で起こることもあります。ですから病院に行って薬を処方してもらい、指示通りに服用しているのに効かない、あるいは吐き気や嘔吐が執拗に続くとか、視力が落ちるなどといった場合は、一度脳神経科で検査を受けることをお勧めします。また、体のどこにも異常がないのに頭痛がするというケースもあります。これは主に自律神経がうまくはたらかないことで起こるものです。この場合は特に他の身体症状、たとえば動悸があるとか下痢をするなどの症状が見られることもあります。また女性の更年期もこういった症状が見られることがあります。このような時は心療内科を受診するといいでしょう。

生活の改善も大事です

病院に行って偏頭痛と診断された場合には、痛みを抑えるための薬物治療が中心となります。一方緊張型頭痛の治療は、ストレスによって頭痛が生じることが多いため、痛みそのものよりも、ストレスを緩和するための薬による治療が中心になります。また、そもそも頭痛にならないための予防策もあります。これはどのようなものかといいますと、食事やサプリ等で予防したり、ストレスをためないようにしたりする方法です。偏頭痛の予防には、ビタミンB2やマグネシウムを含む食品、たとえば納豆やウナギや緑黄色野菜が効果があります。また、なかなかこれらの食品を摂れない時には、サプリを摂ることでかなり痛みを予防することができますので、大いに活用してみるのがいいでしょう。それから緊張型頭痛の場合は、リラックスすること、ストレスをためないことも治療の一環となります。たとえば休日には気分転換するとか、お風呂にのんびりつかるとかして、ストレスから解放される時間を作ることで、痛みも出にくくなって来ます。その他にはストレッチ、またはウォーキングなどで体をほぐしてみるのもいいでしょう。ただし気分が乗らない時、調子がよくない時に行うと、かえってプレッシャーとなるので気を付けてください。頭痛は薬を飲めば治ると考えがちですが、薬を飲みすぎるのもよくありませんし、逆に、本人の生活の改善によって徐々に治まってくることもあるのです。ですから、どのようにして予防をするかという姿勢もまた求められてきます。それを頭に入れて、上手にサプリや運動などを採り入れるようにしましょう。ただサプリなどを摂取する場合、薬との兼ね合いもあるので、心療内科などの医師の判断を仰ぐようにすると安心です。

Copyright© 2015 頭痛の原因と改善方法|ヘルス救急レンジャー集団All Rights Reserved.