頭痛の原因と改善方法|ヘルス救急レンジャー集団

女性

頭が痛くてお困りですか

女性

様々な痛みへの対処方法

ふだんから頭痛を抱えていて、痛み止めを飲むけれどなかなか治まらないということはありませんか。どのような頭痛であれ、本当は心療内科などに行ってカウンセリングをしたり薬を処方してもらったりするのが一番いい治療方法です。市販薬ばかり飲んでいると、つい気休めに飲んでしまうことが多くなり、かえって頭痛がひどくなってしまうこともあります。ふだんよく起こるもので、片方だけがずきずきと脈打つように痛むのを偏頭痛といい、ストレスから解放されたとか、あるいはアルコールなどが原因で血管が拡大してしまうのが原因です。また光や気温差、騒音などが原因となることもあります。この場合はまず痛む箇所を冷やし、暗くて静かな場所で安静にするのが一番です。また同じ血管の拡大が原因となるものに群発頭痛があります。これは一定の時期を境に、痛みが頻発するのが特徴です。ほぼ毎日のように痛みがあり、しかもかなり激しく痛みます。こちらもアルコールやタバコ、長湯などで血管が拡大するのが原因とされています。この群発頭痛は痛みが激しいため、痛みの元となっている血管の拡大を和らげるため、薬と一緒に酸素吸を使って治療が行われます。また、緊張型頭痛というものもあります。こちらは肉体的、あるいは精神的なストレスが元で起こりますし、両方のストレスが原因ということもあります。この場合は痛む部位を温めます。薬物治療ももちろん行われますが、ストレスの大元を治して行くことが大事ですので、たとえば筋弛緩剤であるとか、あるいは抗うつ剤などが用いられることになります。

生活習慣も見直してみよう

また、治療は薬や酸素吸入だけではありません。自分で予防したり、生活習慣を改めたりすることで治して行く方法もあります。たとえば偏頭痛や群発頭痛の原因であるアルコールはほどほどの量にする、あるいはいっそのこと禁酒してみてもいいでしょう。また前者の場合、カフェインの摂りすぎも原因になっていることがありますので、こちらもほどほどの量にしておくのがいいでしょう。また、ビタミンB2やマグネシウムを含んだ食品やサプリも効果があります。そして、きちんと食事を摂り、睡眠時間を確保することが、当たり前ではありますが大事になって来ます。それから緊張型頭痛ですが、こちらはストレスが主な原因ですので、できるだけストレスをため込まない、あるいは気分転換のためにスポーツをするといった方法がお勧めです。また、同じ姿勢を長時間続けることをせず、ストレッチなどで体をほぐすようにするといいでしょう。やはり健康的な生活と、適度な運動を心がけていれば、頭痛による悩みもおのずと減って行きます。しかし、薬を服用していて、生活を改善していても痛みが治まらないとか、あるいは吐き気や嘔吐を伴う場合は、すぐに脳神経科や心療内科などを受診して、検査をしてもらうのがいいでしょう。脳腫瘍などの脳疾患の可能性があるからです。また循環器疾患の場合も頭痛がすることがありますので、しつこく痛んでなかなか治まらない時、また、体のバランスが取れずふらつくような場合は、救急車を呼んででも病院に行き、しかるべき処置をしてもらうことをお勧めします。

Copyright© 2015 頭痛の原因と改善方法|ヘルス救急レンジャー集団All Rights Reserved.